防災(水害・津波)

紙芝居「もったいない爺さんとお地蔵様」 入り〜風化させない災害の記憶〜

紙芝居・「もったいない爺さんとお地蔵様」

「もったいない爺さんとお地蔵様」
昔、川のほとりにのどかな村が有りました。
少し気になるのは家や田んぼが割合低地…。
その村に
「もったいない」が口癖のお爺さんが居ました。
毎朝、高台にあるお地蔵様にお参りを欠かしません。
この高台とお地蔵様には”いわれ”が…
かつてお殿様が見回りこられた時、
「土地が低くて大水が出ると逃げる場所に困ります」。
「ならば逃げ場所として高台に広場を拵えてやろう。
ワシがしてやれるのはここまで公助)。後はお前たちで」。そこで
皆で道を作り(自助、年寄りや体の不自由な人を運びやすいように
工夫(共助)。災害や助け合いを忘れない様に
お地蔵様をお祭りしたのでした。
お爺さんは、いつも村人に広場の事、お地蔵様の事、
地震や、大雨、他どんな災いが来ても慌てない様に、
用意、心がけを怠らない様にと…
ある晩、お爺さんの夢にお地蔵様が
「ワシの顔が赤くなった時は大変じゃ。高台では間に合わん。
三日の内に少しで遠くへ逃げるように…」
「夢でお告げが有った。お地蔵様の顔がいつ赤くなるか。
これからは皆でかわるがわる番をせねば…」
これを聞いた村の若者、いや馬鹿者がこっそりベンガラを塗って
お地蔵様のお顔を赤くしてしまった…
お爺さん、ビックリ!
「エライ事じゃ。大急ぎ。皆、逃げねばならんぞ〜」
ところが村人は
「お爺さん、あれは若い連中のイタズラらしい。大丈夫じゃ」
しかしお爺さん
人間がした事じゃろうが神様・仏様がなさった事じゃろが、
お顔が赤くなったことは間違いない。
早う逃げねば」
そこで村あげて…
馬鹿者は、逃げて留守になった家で
食い物を盗み集め酒盛り。
「阿呆な奴ら、三日たてば『何事もなかった…』と
戻ってくる顔が楽しみじゃ」
その頃、山では大雨、やがて川に…
人間がしたことであれ、
神様仏様がなさったことであれ…、
常日頃より
我々の考えておかなければならないのは…

紙芝居、落語も含めて防災の心がけをお話します!
笑福亭松枝メール    携帯090−1442−4778
案内板へ